栞のいらないブックカバーは、今まで主に2種類作りました。最初に作ったのがこのゴムを利用するタイプで、2番めには前表紙の折り返しを3角に折ったものです。今回は、最初のアイデアを改良したものをご紹介します。
 1角を回すようにゴムを留めるので、動作が楽です。また、一旦挟むと、本を落下させても外れることがありません。本全体にゴムを回せば開き留めにもなります。前表紙の裏側にゴムを回しておくことも出来ます。素材はコルドバ紙をヘビーな皺加工しています。皺加工を施すことで、紙の柔らかみが増すのと、本の折り線が目立たないので、厚さの違う本を何回もお使い頂くことが出来ます。